MENU

どんな会社も売れます その2_岡村新太

当社、岡村新太が売却の検討を始めたオーナー様にいま伝えたい思いを綴ったコラムです。

こんにちは、かえでFAの岡村です。今日も、実際に売却までできた事例を交えて、どんな会社でもキラリと光るものが見つかれば、M&Aが成立することをお話ししたいと思います。

【ケース1:不動産の価値に着眼する】

対象会社は、カット野菜や給食用の食材を配送する事業者でした。順調に売上高を伸ばしていく予定だったのですが、人材の出入りが激しかったこともあり、赤字体質に陥っていました。当時の主力事業は、競合他社と比較しても競争力のある商品開発ができず、将来への展望が描きづらい状況になっていました。

50先を超える事業者へアプローチするも、事業自体に厳しい評価を付けられる中、不動産の価値に着目した事業者が、買い手候補者として出てきました。不動産は、特に、簿価上の価値と時価が異なる資産です。買い手候補者はそこに着眼をし、更に自社事業のシナジーをも見込み、赤字の状態でも買収を決定しました。

【ケース2:観光資源に着眼した、ストロングバイヤーが買収】

対象会社は、近畿地方にある老舗旅館。バブルの頃は団体旅行客等も多く利用されていて、地元を代表する旅館の一つでした。しかしながら、商流が大きく変化していったこともあり、売上高は徐々に減少し、経常的な赤字体質となっていました。当然、設備の更新も思うようにできず、思うような集客ができていませんでした。

ところが、この事業者の周辺環境には日本有数の観光地があり、集客ができるポテンシャルがありました。また、この事業者の立地は高台にあって、旅館からの展望は素晴らしいものでした。更に、事業者の代表者、幹部、従業員全員勤続年数も長く、まじめな方が多かったことも印象的でした。

最終的には複数社からの関心をいただき、私的整理と呼ばれる手法を用いてM&Aを成立させました。買い手様は、資金力のある事業者様で、現地を見た際にほとんど即決で買収を決定されたようです。今は、買い手様の元で大規模修繕工事をしながら、新たに生まれ変わろうとされています。

あくまでも上の事例は、当社の知見の一つですが、私が、法人の売却を検討するオーナー様に繰り返しお伝えしたいのは、どんな会社でも光るものがありますし、条件が整うのであれば、事業の売却は可能であるということです。 少しでも気になってらっしゃることがあれば、まずは当社にお問合せください。

おすすめ書籍 RECCOMEND

最新記事 LATEST TOPICS