不動産・住宅事業M&A情報

不動産・住宅事業とは(定義)

不動産業界の業務は多岐に渡りますが、大きく、開発・分譲・賃貸・管理の四つの業務に分けることが出来ます。「日本標準産業分類」によると、不動産業とは、不動産取引業と不動産賃貸・管理業をいいます。なお、不動産取引業については、宅建業法に基づく免許が必要になります。不動産業界は参入障壁が比較的低いため、個人経営の会社まで含めると非常に裾野の広い業界です。また、建設会社・工務店などの施工業者がマンションや建売住宅の分譲を行っているケースや、鉄道事業者や鉄鋼メーカーなど他業種の企業の一部門あるいは子会社などが不動産事業を行っているケースも多く見られます。

住宅業界(戸建)は、大手ハウスメーカー、建売住宅を低価格で販売するパワービルダー、地元密着の工務店に分類されます。工法は、プレハブ、ツーバイフォー、在来工法に区分されます。


(業界団体):
 ・社団法人 社団法人不動産協会
 ・社団法人全日本不動産協会
 ・全国不動産政治連盟
 ・社団法人日本不動産鑑定協会
 ・社団法人不動産証券化協会
 ・社団法人日本測量協会
 ・社団法人全国宅地建物取引業協会

不動産・住宅業界基本情報:http://gyokai-search.com/3-hudosan.htm ,http://gyokai-search.com/3-house.htmの情報参照)

【不動産業界】

業界規模:9兆8,891億円
前年比伸び率:‐0.5%

【住宅業界】

業界規模:7兆6,839億円
前年比伸び率:3.8%


(数値は全て平成24年度のもの)

不動産・住宅業界の現状と動向:

不動産の地価は、東日本大震災による低下からの回復が徐々に進み、全体としては好転を見せ始めています。2020年の東京オリンピック開催が決定し、東京をはじめとする大都市圏の地価は今後も上昇を続けるとみられています。
建築資材の高騰や前述の地価の上昇により、戸建住宅の販売は伸び悩んでいる一歩で、都市部を中心としたマンション販売は好調です。しかし、国内の戸建・マンションを合わせた住宅事情は既に飽和状態で、販売数に歯止めがかかるのは時間の問題とも言われています。そのような市場環境の中で、今後の不動産・住宅業界の中核事業として注目されるのが、中古販売事業です。増えすぎたマンション・住宅の流通を加速させ、低価格での購入を求める消費者のニーズに応え得る中古販売事業が、今後の業界の動向を左右する事業となるか、注目が集まります。

不動産・住宅業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.11.25 ・ライブネットホーム   ・住宅情報館                      タカラレーベン タカラレーベン(東京都)は、ライブネットホーム(東京都)と住宅情報館(愛媛県)の2社の全株式を取得し、2015年1月5日付で完全子会社化する。
2014.11.04 アサカワホーム オープンハウス オープンハウス(東京都)は、アサカワホーム(同上)の全株式を取得し、2015年1月15日付で子会社化する。
2014.10.29 めいほう高原開発 日本駐車場開発 日本駐車場開発の子会社である日本スキー場開発(東京都)は、岐阜県の「めいほうスキー場」を運営するめいほう高原開発(岐阜県)を子会社した。
2014.09.23 日興建設 タカラレーベン タカラレーベン(東京都) は、横浜で建設請負業や不動産管理業を営む日興建設(横浜市)の全株式を取得し、連結子会社化した。
2014.09.19 LCDグローバル・インベストメンツ Jトラスト 金融業・不動産業を営むJトラストグループの持株会社のJトラスト(東京都)は、東南アジアでの事業展開及び不動産開発・ホテル事業のノウハウ獲得を目的として、同社のシンガポール子会社を通じ、LCDグローバル・インベストメンツの株式29.5%を取得した。
2014.01.30 エイ・エム・サーティワン フージャースホールディングス 不動産会社のフージャースホールディングス(東京都)は、宮城県の仙台市内を中心に不動産賃貸事業・不動産仲介事業を手掛けるエイ・エム・サーティワンの全株式を取得し、子会社化した。

不動産・住宅業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 森トラスト 都市開発や不動産の所有・賃貸・管理が主な事業内容。
非上場 森ビル 東京都港区を拠点とする都市デベロッパーであり不動産会社である。大型再開発施設であるアークヒルズや六本木ヒルズ、商業施設のラフォーレ原宿や表参道ヒルズの運営などで知られる。
1878 大東建託 建設から賃貸管理まで手掛ける。仲介、管理、家賃保証までの一貫したサービス提供に特徴。
3231 野村不動産ホールディングス 「プラウド」ブランド等のマンション開発、分譲で住宅ブランド確立を狙う。
8801 三井不動産 三菱地所と並ぶ総合ディベロッパー大手。ビル賃貸主力。アウトレットパークが好調。現在は日本橋エリアの再開発に注力。
8802 三菱地所 三菱グループの中核企業。三井不動産と並ぶ総合ディベロッパー大手。丸の内再開発に注力。海外事業にも地力。
8815 東急不動産ホールディングス 東急電鉄系。オフィス(ビル賃貸)からリゾート開発まで手掛ける。総合不動産大手の一角。沿線で住宅展開。
8830 住友不動産 総合ディベロッパー大手。東京都心部にオフィスビルを集中開発。賃貸ビル開発に積極的。住宅のリフォーム事業に強み。
8840 大京 分譲マンション販売首位。「ライオンズ」ブランド。管理、仲介事業に注力。オリックス傘下。
8848 レオパレス21 若者層に強いブランド「レオパレス21」の単身者向けアパートの建築請負と転貸が主軸。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて