• HOME
  • M&A最新記事
  • 京都地盤の学習塾「京進」、大阪の介護事業社を買収し介護事業本格参入

京都地盤の学習塾「京進」、大阪の介護事業社を買収し介護事業本格参入

2017年5月12日
東証2部上場で京都、滋賀地盤の小中学生向け学習塾を展開する京進【4735】は、
介護サービス事業等を行うシンセリティグループの発行済全株式を取得し、連結子会社化すると発表した。
取得価格は、約6億4千万円。

シンセリティグループが、シンセリティグループ代表の西浦 誠二氏が所有する有限会社ネクストライフ、もぐもぐ、ユアスマイル、優空のそれぞれの株式を取得し、子会社とした上で、京進がシンセリティグループの株式を取得するという流れにより取得する。
これにより京進はグループとして本格的に介護事業に参入する。

京進は、創業以来、経営理念に「日本と世界の教育・文化の向上、社会の進歩と善良化に貢献します」と謳っており、
これまで40年以上、教育というフィールドで社会への貢献を目指して事業を展開してきている。

京進は、介護事業は、人の一生に寄り添うことができる事業分野であり、
今後の日本社会への貢献ができる事業であると考え、このたび事業参入することを決定した。

今回、京進の子会社となるシンセリティグループは、大阪を中心とした近畿圏において、
有料老人ホームや高齢者介護施設の運営及び周辺事業を行っており、
これまで多数の実績があるシンセリティグループの介護に関するノウハウと、教育事業で培った京進のノウハウを融合し、
新たなサービス展開も視野に入れ、積極的な事業展開を行っていく。

(2017/5/12 M&Aタイムス http://ma-times.jp/51054.html)