クラウン・ジュエル (Crown Jewel)

敵対的買収防衛策の一つ。敵対的買収を仕掛けられた企業 (=クラウン、王冠) の主要な資産や、有力な事業、技術など (=ジュエル、宝石) 、あるいはそれらを保有する子会社のことをいう。被買収企業はそれらを売却し買収側企業の買収意欲を失わせることによって敵対的買収防衛策とすることができる。「焦土作戦」と呼ばれることもある。会社が重要な営業を第三者に譲渡する場合、株主総会の決議が必要になる。しかし、財産の処分は取締役会の議決のみで可能である。だだ、適切ではない資産譲渡を決定した取締役は、取締役としての善管注意義務、忠実義務違反を問われる可能性があるといわれているため注意が必要である。