株式交換 (Stock-for-stock Exchange)

企業組織再編を目的としたM&A手法の一つで、売り手企業の株主が、買い手企業に対し、保有する「売り手企業の株式」を交付する見返りに、「買い手企業の株式」の交付を受けるスキームのこと。株式交換を行った場合、売り手企業は買い手企業の100%子会社となる。この方法を活用すると、株式を買い取るための資金を持たなくても、自社株の株価 (時価総額) が高いと有利に買収ができるが、逆に自社株の株価 (時価総額) が低いと買収の対象になりやすくなる。
株式交換と似たスキームに株式移転があるが、株式交換は、既存会社が自社の株式と他の会社の株式を交換することで他の会社を完全子会社化する制度であるのに対して、株式移転は、既存会社が自社の株式と新会社の株式を交換することで新たに親会社を設立する制度である。また、どちらも税務上、一定の要件を満たすことで株主の株式譲渡損益が繰延べられることになる。