第三者割当増資 (Capital Increase through Third-party Allocation)

特定の第三者に新株を割り当て増資すること。会社の役員、取引先、関係金融機関が引き受け先となる場合が多い。既存株主の中で特定の株主だけを対象とする場合も含まれる。
既存株主にとっては自らの持分比率の低下をもたらすと同時に、既存株主に経済的な損失を発生させる恐れもあることから、会社法上、特に有利な価格で発行する場合おいては株主総会決議が必要となる。