APV法 (Adjusted Present Value Method)

企業価値算定の方法の一つ。APV法では、100%自己資本で調達した場合のキャッシュフローを算出し、それに負債の節税効果で発生したキャッシュフローを足し合わせて、事業の正味現在価値を算出する。
同じく企業価値算定方法であるWACCを使ったDCF法との違いは、資本構成へのアプローチにある。DCF法では資本構成が常に一定であることが前提となっているが、APV法では資本構成の変化を企業価値判定へ簡単に織り込むことが出来る。
従ってLBOや破綻企業の価値評価など、資本構成の大きな変化が予期される時には、DCF法ではなくAPV法を用いるべきであると言える。
APV法のデメリットとしては、負債増加による財務リスクが加味されない点が挙げられる。