黄金株 (Golden Share)

特定の株主に対してあらかじめ、株主総会における合併等への拒否権を付与した株式のことで、一企業に付き一株のみ発行することが出来る。拒否権付き株式とも言う。友好的な株主に発行しておくことで敵対的買収防止策として活用するのが一般的な利用法であるが、黄金株が敵対的株主に譲渡されると、本来の用を為すことが出来ない。そのため、2006年会社法改正で黄金株に譲渡制限をつけることが出来るようになった。