コスト・アプローチ (Cost Approach)

企業価値評価の手法の中の純資産 (これに営業権をプラスする場合もある) を用いた評価方法の総称。他に企業評価手法としてはインカム・アプローチやマーケット・アプローチがある。コスト・アプローチは、企業が持っている資産価値、例えば、当該企業を清算して持っている資産を売り払い、負債を返済した場合にいくら残るのかという清算価値を基礎とするアプローチ手法である。これは貸借対照表の純資産の評価に近い考え方だが、会計上の純資産は会計ルールに則って簿価で計算されているので、通常、時価のある資産については評価時点の時価を反映した純資産に修正して計算される場合が多い。また、清算価値だけでなく、将来の収益性も反映させるため、修正純資産に営業権 (のれん代) を加算する場合もある。