キャッシュ・アウト・マージャー (Cash-out Merger)

吸収合併の形式の一つで、株式ではなく、現金を対価とする合併のこと。この場合、消滅会社の株主は、対価を現金で受け取るので、存続会社の株主にはならない。そのため、合併によって存続会社の株主構成に変化が生まれない点に本スキームの特徴がある。2006年の会社法改正で解禁され、従来の合併の対価として株式を与える方法と比べ、迅速に合併が行えるとともに、存続会社の株主の出資比率が維持され、消滅会社の株主を排除することができる。交付金合併ともいわれる。