基本合意書

本契約に先立って結ぶ合意書で、買収対象、おおよその買収価格、独占的交渉権、デュー・デリジェンス等に関する事項を売り手と買い手の間で合意する契約書のこと。
英語では、LOI (Letter of Intent) やMOU (Memorandum of Understanding) と呼ばれる。基本合意書は、意向表明書と同様にM&Aのプロセスにおいて絶対に必要な契約書ではなく、案件によっては省略する場合もある。また、基本合意書は、最終契約に至る途中段階までに合意した条件などを文章化したものであり、一部の条項を除き、法的拘束力を持たないのが一般的である。近年、基本合意書の法的拘束力が争われるケースが増えてきたが、判例によると基本合意書の法的拘束力は比較的脆弱なものであると言える。