株式公開買付 (TOB, Takeover BidまたはTender Offer Bid )

経営権を握るために、企業などが公に発表して株式市場を通さずに不特定多数の株主から株式を買い集める方法。その際、買い付ける期間、株数、価格等を明示しなければならない。TOBの利点として、市場で大量に株を買うと価格が上昇してしまうが、TOBは公表した買付価格で買うため、必要資金量の把握が容易になる。また株数が目標に達しない場合には、買い付けをすべて取り消すことができ買い付けに失敗した時にリスクを負う必要がない。ただい、TOBは公開されるので、買収を仕掛けていることが明らかになってしまい、買収を仕掛けられた企業に防戦の機会を与えてしまう側面もある。
TOBには「敵対的TOB」と「友好的TOB」がある。敵対的TOBとは買収される対象会社の取締役会が株の買い集めに同意していないにもかかわらず、一方的に株式の買い付けを行うことをいう。これに対して友好的TOBは、被買収企業が株式の購入に同意して協力的な場合で、M&Aをする際に活用される。