株価倍率法

マルチプル法、類似株価比準法ともいう。企業価値評価のマーケット・アプローチの一つで、対象が未上場会社である場合に多く用いられる。同業の上場会社の利益、売上、純資産等と市場株価を比較した倍率を算出し、その倍率を対象企業の利益水準、純資産、売上などに適用することによって企業価値や事業価値を算出する方法。倍率算出に用いる指標により、PER法、PBR法、EBITDA法、EBIT法などがある。
株価倍率法では、客観的な倍率を設定するにはそれなりに多数の同業他社のサンプルが必要になる。その場合、価値算出対象企業とは違う性格を持った企業を注意深くスクリーニングしなければならない。なお、同業の上場会社がない場合には、この方式は使用できない。