加重平均資本コスト

資金調達に伴うコストを借入金等の他人資本、資本金等の自己資本に分け、それぞれの資本構成の割合に応じて加重平均したものをいう。
他人資本は返済期限や返済方法が予め規定されるうえ、債務整理時でも優先して弁済を受けることが出来ることから、資金投資側は低リスクで運用することが出来る。そのため、他人資本は調達にあたって高いプレミアムを支払う必要が無く、低コストで調達できる資本であると言える。一方、自己資本には、他人資本に見られるような優遇措置は存在しないため、比較的高いリターンを必要とする高コストな資本であると言える。このように資本のコストは投資資金の内容に大きく影響されるため、ある企業の資本コストを正確に知るには他人資本と自己資本を加重平均する必要がある。具体的には、加重平均資本コストは以下の式を使うことによって求めることが出来る。

加重平均資本コスト=有利子負債残高×負債利率× (1-実効税率) +自己資本残高×自己資本要求利回り

加重平均資本コスト (WACCという) は、株価算定、事業評価など投資判断に多く使用される。その場合、投資先プロジェクトの内部収益率 (IRR) と加重平均資本コスト (WACC) を用い、前者から後者を引いたものがそのプロジェクトの収益力であるとみなすことが出来る。