三角合併 (Triangular Merger)

子会社が他の会社を吸収合併する場合に、親会社の株式又は現金を対価とする合併のこと。新会社法では三角合併が解禁され (施行は2007年5月から) 、これにより外国企業の日本国内の子会社による日本企業買収が行いやすくなる。