デュー・デリジェンス (Due Diligence)

基本合意書で締結された条項に基づき、買収側が買収対象企業の財務、法務、ビジネスの状況及びリスクついて精査すること買収監査ともいう。
主に、財務は、公認会計士や税理士、法務は弁護士の各専門家が、ビジネスはコンサルティング会社が、買収対象会社へのインタビューや内部資料の閲覧を通じてレポートを作成する。業種によっては、環境汚染や保険を行うこともある。