適格組織再編 (Qualified Corporate Reorganization)

適格組織再編とは、税務上の適格要件を満たす組織再編の総称をいう。
税務上、資産が移転する際にはその移転資産の譲渡損益 (株式交換及び株式移転の場合には時価評価損益) に課税するのが原則。
しかしながら適格要件を満たした場合は、資産等を帳簿価額で移転したものとして、譲渡損益の認識を繰り延べることになる。
企業グループ内の組織再編成では、下記の概要の要件がある。
<100%関係の法人間で行う組織再編成>
・100%関係の継続
<50%超関係の法人間で行う組織再編成>
・50%超関係の継続
・主要な資産・負債の移転
・移転事業従業者の概ね80%が移転先事業に従事 (株式交換・株式移転の場合は完全子法人の従業者の継続従事)  
・移転事業の継続 (株式交換・株式移転の場合は完全子法人の事業の継続)