ポイズン・ピル (Poison Pill)

敵対的買収防衛策の一つで、敵対的買収者が一定の議決権を取得した場合、買収者以外の株主に時価以下で新株(毒薬)を発行し、買収者の持ち株比率を低下させる方法。毒薬条項ともよばれる。