パーチェス法 (Purchase Method)

買収会社(合併会社)が被買収会社(被合併会社)から受け入れる資産・負債を時価で評価して引き継ぐ会計処理方法。これにより算出された時価純資産額が買収金額を下回る場合は、その差額を営業権(のれん)として計上する。(⇔持分プーリング法)