配当還元法

企業価値評価のインカム・アプローチの一つで、将来の見込まれる配当の現在価値の合計から株主価値を求める方法。Gordonモデルともよばれる。