持分プーリング法 (Pooling of Interests Method)

M&Aにおいて、買収会社 (合併会社) が被買収会社 (被買収会社) の資産・負債を簿価のまま、買収企業の貸借対照表に反映する会計処理方法。持分プーリング法では営業権 (のれん) は計上されない。 (⇔パーチャス法)
なお、わが国でも従来は持分プーリング法が会計処理方法の1つとして採用されていたが、平成20年の「企業結合に関する会計基準」の改正により廃止されている。