連結調整勘定 (Consolidated Goodwill)

M&A等によって子会社の資本勘定より高い金額で子会社株式を購入した時に連結財務諸表上にあらわれる勘定のこと。具体的には、親会社の投資額 (子会社株式) と親会社持分に対応する子会社の資本額の相殺仕訳を行なう際に発生する消去差額のこと。現在は、連結調整勘定という表現は、制度上廃止され、財務諸表上の表示は、「のれん」もしくは「負ののれん」に変更されている。