類似取引比較法

M&Aを実施する際に行う企業価値評価のマーケット・アプローチの一つで、過去の類似のM&A取引を参考にして買収価格を算定する方法。過去に類似取引があったとして、それぞれのM&Aには個別要因があるため、あくまで参考とするのが望ましい。
実際のM&Aの場面においては、過去の類似取引がないケースも多く、実務上、この方法での算定は困難であるケースが少なくない。