リバース・デュー・デリジェンス (Reverse Due Diligence)

事業の売却を決定する前に、自社の事業についてデュー・デリジェンスを実施し、売却によって他の事業とのシナジーを失うことはないか、顧客を失うことはないかなどを精査すること。
M&A投資にあたってのデュー・デリジェンスにおいては、買い手サイドが対象会社に対して実施するが、リバース・デュー・デリジェンスは、売り手サイドが自社に対して実施する。