EBITDA(Earnings before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization)

イービットディーエー、イービットダー、またはエビータと読む。税引前利益に支払利息、固定資産の減価償却費を加えることで求めることができる。
近年、EBITDAはPL上の利益と並ぶほど重視されるようになった指標で、特に複数の国に拠点を持つ企業の投資評価に利用されることが多い。なぜならEBITDAは法人税や減価償却、支払金利が差し引かれているため、それぞれの国に固有の会計基準や金利水準の影響を最小限にとどめることが出来るからだ。
一方、償却費が含まれないEBITDAは設備投資やM&Aで発生した損失を十分に反映するとは言えない。従ってEBITDAを用いた企業価値評価は、実態から乖離した過大評価になる危険性を持っている。