PMI(経営統合)コンサルティング

PMI(Post Merger Integration)とは

PMI (Post Merger Integration) とは、「経営統合」と訳され、M&A後に当初計画したシナジーを獲得するために、組織統合マネジメントを推進していくプロセスを言います。

M&Aは案件がクローズすること自体が目標ではなく、M&A後の統合化の成功によって目標が達せられます。しかし、現実には案件をクローズすることにほとんどのエネルギーを傾けてしまい、その後の統合で失敗してしまうケースが非常に多く存在します。買い手企業にとってはM&Aが終わりではなく、M&Aのディール後 (アフターM&A) こそが経営統合の活動の始まりなのです。

PMIを成功に導く鍵とは

PMIを成功させること、それはM&Aを成功させるための重要なファクターです。
M&Aを成功に導く鍵は一般的に下記の3点であるといえます。

1. M&Aの戦略 (買収目的の明確化)
2. 適正価格・条件での買収
3. PMIの早期かつ適切な実行

「PMIの早期かつ適切な実行」は次の言葉にいいかえることができます。
つまり、PMIを成功に導くためには下記の2点が重要です。

1. 統合前からPMIにむけた戦略策定に着手すること
2. PMIの品質 (PMIをいかにしっかり実施していくか)

統合前からPMIにむけた戦略策定に着手

PMIにむけた準備を実行する適切な時期はM&Aのプロセスにおいてどの段階を指すでしょうか。もちろん、M&Aのディール後からでは遅すぎます。適切な時期はデュー・デリジェンス (買収監査:企業買収の意思決定及び契約書の作成にあたり、買収対象会社の事業を調査すること。一般的に基本合意契約書の締結前に実施) の初日から行うのがベストです。

経営統合計画の中の重要な項目を検証するため、買収の目的に添って戦略的にデュー・デリジェンスに挑み、その結果をもとに、さらに経営統合計画を練り直し、深化させます。

PMIの品質 (PMIをいかにしっかり実施していくか)

PMI計画では、具体的には下記の項目などを検討し、経営統合計画に盛り込みます。

・シナジー効果
・企業文化
・事業計画
・財務体系
・人員の配置
・給与体系、報酬制度
・人事制度
・従業員の交流
・コンピューターシステム
・IR など

そして、M&Aのディール後 (アフターM&A) にこの経営統合計画を実行に移します。見積もったシナジー効果の達成にコミットするため、またその評価を検証するために、PMIの実行責任者が誰であるのか、責任の所在を明確化した上で、実行に移すことが重要です。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのPMIコンサルティング

かえでファイナンシャルアドバイザリーのPMIコンサルティングはM&A後の統合を成功に導くべく、M&A後のあるべき組織、経営管理体制等の提案を行うとともに、その実行をサポートいたします。

期間や支援内容・範囲についてはケースやニーズに応じて柔軟に対応しております。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて