株価算定

かえでファイナンシャルアドバイザリーの株価算定 (バリュエーション)

M&Aを実行する場合において、株式の評価をいかに決定するかは、M&A成功のための大きな鍵となります。
M&A実績が豊富であるかえでファイナンシャルアドバイザリーでは、形式的な株価評価ではなく、それぞれのM&A・企業の実態に即した、M&A成功につながる合理的・客観的な株価評価を提供しています。

かえでファイナンシャルアドバイザリーの株価算定 (バリュエーション)

かえでファイナンシャルアドバイザリーの株価算定 (バリュエーション) の特徴

特徴1 実務経験豊富な公認会計士・税理士により、様々な評価方法を選択可能
特徴2 M&Aに精通しているため、M&Aの実務に即した評価方法の提案が可能
特徴3 大手監査法人などよりもリーズナブルな価格設定

企業価値評価方法

株式価値の一般的な算定方法としては、DCF法、時価純資産価額法など様々な方法があります (下記参照)。各評価手法により算出される評価額はそれぞれ性格が異なるため、評価目的や評価対象会社の特性に応じて、これらの評価額を客観的かつ総合的に算定します。

具体的な評価方法

分類 評価方法 内容
収益還元方式 収益還元法 将来の一定期間内の予想税引後利益を現在価値に割り引いたもの
DCF法 将来の一定期間内に得られる予想キャッシュフローを現在価値に割り引いたもの
配当還元方式 配当還元法 将来の予想配当金を資本還元したもの
ゴードンモデル法 将来の配当金に内部留保率を加味して資本還元したもの
純資産価額方式 簿価純資産価額法 帳簿上の純資産価額÷発行済株式数
時価純資産価額法 資産・負債の時価評価後の純資産価額÷発行済株式数
比準方式 類似業種比準法 同業種の企業の株価または株価平均値と比較して評価
類似企業比準法 規模等の類似する数社の上場企業の株価と比較して評価
取引事例比較法 過去の取引事例と比較して評価

M&Aにおける株価評価の目的

M&Aにおける株価評価は ①価格交渉をスムーズに進めること ②買い手にとってはM&Aという投資行為の正当性の検証 をその目的としています。よって「この評価方法が一番正しい」といった唯一絶対的な評価方法はありません。

M&Aにおける株価評価において最も重要なことは、選択した株価評価方法が、それぞれのM&Aのスキーム(形態)や対象企業の実態に即しているかということです。M&A経験の豊富なかえでファイナンシャルアドバイザリーでは、対象企業のM&Aの実情に適した株価評価方法をご提案いたします。

M&Aにおける株価評価のタイミング

株価評価の実施の時期は、できる限り交渉の直前にしておくことが、価格交渉をスムーズに行うためのポイントとなります。また、買い手にとっても、誤った投資判断をすることを未然に防ぐことができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

株価算定報酬

簿価純資産 料金
1億円未満 50万円~
1億円以上5億円未満 80万円~
5億円以上 100万円~
(注) 関連会社がある場合には、1社につき100,000円を加算いたします。
(注) 英文での株価算定レポートにも対応可能(料金については応相談)

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて