ソフトウェア・情報通信事業M&A情報

ソフトウェア・情報通信事業とは(定義)

ソフトウェアは、基本ソフトのOS とアプリケーションソフトに大別されますが、そうしたソフトウェアの開発に留まらない様々な職種の技術者が活躍する業界です。
 大規模なエンタープライズシステムを開発するソフトウェア会社、ハード・ソフト両面からシステム構築を行うSI(システムインテグレート)企業、また得意分野のソフト開発を行う独立系ベンダーなど多様な企業が存在します。

情報通信業(じょうほうつうしんぎょう)とは、情報の伝達や処理・加工・提供にかかわるサービスを行う業種または職種を指します。上記の様なソフトウェアを取扱うIT関係の各企業、有線・無線電話通信を展開する企業、およびマスメディア関係の企業がこれらに属すると言えます。


(業界団体):
 ・一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
 ・一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)
 ・情報サービス産業協会(JISA)

ソフトウェア・情報通信事業業界基本情報:(http://gyokai-search.com/3-jyoho.htmの情報参照)

業界規模:約15兆円(ソフトウェア・IT・情報通信業界合計、平成24年度)

ソフトウェア・情報通信事業業界の現状と動向:

ソフトウェア業界は、通信網の高度化やハードウェアの高機能化・多様化により実需の拡大は手堅いものの、企業の経費削減傾向によりサービス単価は年々下落しています。
ソフトウェア業界の産業構造は、建設業のように、元請け→下請け→孫受けといった受注構造があるほか、大手企業の東京一極集中、知的産業でありながら労働集約的要素が強い、といった課題もあります。
ソフトウェア業界においては、リーマンショック以降の顧客企業の業績回復にともない、アウトソーシングやクラウドサービスへの新規IT投資の回復期待が高まりつつあるものの、円高への懸念等の先行き不透明感から、結果的にIT投資抑制が続いています。
国内のソフトウェア市場が縮小する一方、高い経済成長を続ける中国を中心としたアジア市場への進出や、グローバルなITソリューションを展開するために海外拠点を拡大するなど、企業の海外戦略が目立っています。

通信業界では、iPhoneを中心としたスマートフォンの台頭により、各キャリアの顧客獲得競争が激化しています。また、ソフトバンクが独占していたiPhoneの販売権が、auにも割り当てられたことにより、いわゆる「ガラケー」からスマートフォンへの乗り換えに拍車がかかっています。とはいえ、こうした急速な普及が進めば、ある程度の段階で需要が頭打ちになるリスクも当然ながら存在するため、各社の競争はより厳しいものとなっていくことが考えられます。
また、通信業界は、インフラ整備に巨額の投資が必要となる設備投資型産業であるため、数少ないプレイヤーの間での通信帯域やインフラ拡充、顧客基盤獲得のためのM&Aによる大型再編が予見されます。

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、情報セキュリティに対するリスクも高まっているため、今後は、セキュリティ分野での需要増加が見込まれています。

ソフトウェア・情報通信事業業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.11.05 アイネットソリューションズ 日立システムズ 日立システムズ(東京)は、シンガポールのITサービス企業であるアイネットソリューションズを買収すると発表した。東南アジアでのITサービス事業を強化する。
2014.11.03 インフォトラスト NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(東京)は、スイスの情報セキュリティー会社のインフォトラスト社の株式100%を取得し、子会社化した。
2014.10.16 nanapi KDDI KDDI(東京)は、生活ハウツーサイト「nanapi」等を運営するnanapi(東京)を子会社化すると発表。買収金額は非公開。
2014.07.16 フューチャーテック リコー リコー(東京)は、韓国においてIT機器の販売、ソリューション提供、保守サービスを行うフューチャーテック社およびフューチャーウェア社の全株式を取得し、子会社化した。
2014.05.02 日本データシステム エレコム エレコム(大阪)は、日本データシステム(兵庫)の発行済株式の全部を取得し、子会社化した。
2014.01.30 ブライトスター ソフトバンク ソフトバンク(東京)は、米国子会社を通じて、携帯端末の卸売事業を展開する米国のブライトスターの株式を取得し、子会社化した。
2014.01.08 フォージー・マネジメント・コンサルティング NTTデータ NTTデータ(東京)は、デンマークのIT企業フォージー・マネジメント・コンサルティングを買収した。北欧地域でのビジネス拡大を図る。
2013.07.01 DACS(日立ソリューションズ子会社) NTTデータ NTTデータは、日立ソリューションズの子会社でコンサルティングサービスのDACS(大阪)を買収した。

ソフトウェア・情報通信事業業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 東芝ソリューション 東芝グループのシステムインテグレーター。多業種、多ソリューションをコンサルティングから設計、導入、保守、運用まで幅広く手掛けている。
非上場 日本マイクロソフト 世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社の日本法人。
非上場 日立ソリューションズ メーカー系システムインテグレーターとしては、日本最大手の企業。
4307 野村総合研究所 日本最大手のシンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーター。
4676 フジ・メディア・ホールディングス 日本有数のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する。日本で初めての認定放送持株会社である。
4716 日本オラクル 情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング事業などを展開している。
4739 伊藤忠テクノソリューションズ コンピューター、ネットワーク、アプリケーションによるコンサルティングからシステム開発、保守管理などのトータル・ソリューションの提供を行うシステム・インテグレーター。
4768 大塚商会 コンピュータ・ネットワーク関連のシステム・インテグレーション事業、コンピューター機器の保守・アウトソーシング事業、オフィス雑貨のカタログ通販事業を中核とする商社。
8056 日本ユニシス ビジネスソリューションを提供するITサービス企業。情報通信技術サービスの提供や情報システム構築を行うシステムインテグレーターでもある。
9432 NTT 日本の通信事業最大手。グループ内に、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモなどの情報・通信事業会社を擁する。
9433 KDDI 国内・国際通信事業全般を手掛ける大手通信事業社。携帯電話ブランド「au」を手掛ける。
9984 ソフトバンク 携帯電話・スマートフォン等の通信事業、インターネット関連事業を手掛ける。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら