玩具・ゲームM&A情報

玩具・ゲームとは(定義)

【玩具業界】
玩具は品目が多岐に渡り、その範疇は広くて曖昧ですが、いくつかの商品分野(電子玩具/模型、ホビー/男児キャラクター・男児玩具/女児キャラクター・女児玩具/ゲーム類/ぬいぐるみ/季節物、雑玩具/基礎玩具)等に分けることができます。
 玩具を企画販売する玩具メーカーでは、総合的なラインアップを持つ総合メーカーと特定分野の品目を中心とする専業メーカーに分けられます。一般的に総合メーカーは、大手企業が多く、専業メーカーは中堅・中小メーカーが中心です。

【ゲーム業界】
主に「コンピュータゲーム関係の業務を行う会社」で構成される業界をいいます。家庭用・業務用のゲーム機およびこれらのソフトの開発、制作、販売や、携帯端末(スマートフォン等)向けのソーシャルゲームアプリの開発、運営を行う会社が中心となります。

(業界団体):
・一般社団法人 日本玩具協会
・日本プラスチック玩具工業協同組合
・社団法人コンピュータエンターテインメント協会
・一般社団法人日本オンラインゲーム協会

玩具・ゲーム業界基本情報:(「帝国データバンク 業界動向2014」の情報参照)

【玩具業界】
業界規模:6729億5000万円
前年比成長率:-2.5%

【ゲーム業界】
業界規模:4479億円
前年比成長率:+1.2%

(数値は全て平成24年度のもの)

玩具・ゲーム業界の現状と動向:

玩具・ゲーム業界は共に、2000年代以降に大きな業界再編を経てきました。2003年にはスクウェアとエニックスが合併。04年にはセガとサミーが、05年にはナムコとバンダイが経営統合を行うなど、再編の動きの中でM&Aが大きな役割を果たしてきたといえます。

【玩具業界】
玩具産業は現在、少子化の影響や市場の成熟により、市場全体の縮小が懸念されています。一方で玩具業界は、一度ヒット商品を生み出せば、業績が一気に改善されるといった側面も持ち合わせています。今後は、プラモデル・ラジコン市場に見られるように、顧客層を子供から大人にまで拡大していくことや輸出志向を強めていくこと、また玩具菓子に代表されるような、玩具の枠を超えた商品開発をすることなどが課題とされています。


【ゲーム業界】
 2007年ごろまでは、任天堂が発売した『Wii』が大ヒットを記録し、国内のゲーム業界全体の業績を大きく引き上げました。しかしながら、その後、『Wii』人気は一巡し、業績も低迷。その後も『Wii』のようなヒット商品を生み出すことができず、苦戦が続いています。
一方で、近年、スマートフォンの普及に伴い、ソーシャルゲーム分野が急成長を遂げてきました。アプリをダウンロードすれば遊べるという手軽さもあり、若年層を中心に利用者は一気に拡大を見せました。ところが、急激な市場の拡大に伴う競争の激化や、ユーザー数が頭打ちになりつつあるという構造的な問題も表面化し、早くも市場は転換期を迎えていると言えます。
ゲーム市場は欧州、アジアで拡大の余地を残しており、各メーカーも現地への進出に意欲的です。今後は嗜好の異なる海外ユーザーをどれだけ取り込めるかがポイントとなります。

玩具・ゲーム業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.08/.21 ガンホー・オンライン・エンターテイメント ソフトバンク ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2013年10月にソフトバンクと共同で買収したフィンランドのゲームメーカー、スーパーセルについて、その持分すべてをソフトバンクに譲渡することを決定。
2013.11.01 ムーンラビット ネクソン ネクソン(東京)は、韓国のモバイルゲーム開発ベンチャーのムーンラビットに資本参加。モバイルゲームのラインナップ拡充を図る。
2013.10.01 バタフライ サミーネットワークス セガサミーホールディングスの子会社であるサミーネットワークス(東京)は、同業のバタフライ(東京)を買収し、子会社化した。
2013.10.15 スーパーセル ガンホー・オンライ・エンターテイメント、ソフトバンク ソフトバンク()、および同社の子会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメント()は、両社の共同設立による特別目的会社を通じて、フィンランドを拠点にモバイル端末向けのゲーム事業を展開するスーパーセルの株式を取得し、子会社化した。
2013.07.03 パンカク コロプラ コロプラ(東京)は、設立する子会社を通じて、ソフトウェア企画・開発などのパンカク(神奈川)からスマホ向けミドルウェア事業、ウェブサービス開発運用事業を譲り受ける。

玩具・ゲーム業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 ソニー・コンピュータエンターテイメント 家庭用ゲーム機「プレイステーション」シリーズ、およびゲームソフトの開発・製造・販売などを行う。
2432 ディー・エヌ・エー インターネット・オークションサイトや、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「モバゲー」の運営。グリーと並び、携帯電話向けソーシャルゲームの開発・販売の市場を牽引する企業として成長。
3632 グリー ソーシャル・ネットワーキング・サービス「グリー」の運営が中核事業。国内における携帯電話向けソーシャルゲームの開発・販売の先駆け的存在。
3635 コーエーテクモホールディングス PC及び家庭用ゲーム機用のゲームソフト・オンラインゲーム・モバイルコンテンツの企画・開発を行う。「無双」シリーズが主力商品。
3668 株式会社コロプラ 携帯端末向けオンラインゲームの開発・運営を行う企業。携帯電話・スマートフォンの位置登録情報を利用した「位置情報ゲーム」を中心に開発。
3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント ソフトバンクグループのオンラインゲームの運営を行う企業。スマートフォン向けソーシャルゲームアプリの開発・販売で急成長。
6460 セガサミーホールディングス 総合エンタメ企業を目指す。傘下にパチスロ最大手サミーとアミューズメントゲーム機器・施設運営最大手のセガを擁す。
7832 バンダイナムコホールディングス バンダイとナムコが統合。玩具・模型の製造、アミューズメント施設運営、ゲームソフト制作等を手掛ける総合エンタメ企業。
7867 タカラトミー 大手玩具メーカーであるタカラとトミーの合併により誕生。日本を代表する老舗玩具メーカー。
7974 任天堂 家庭用ゲーム機「Wii」や「ニンテンドーDS」などの開発・製造・販売を行う。キャラクター事業にも注力しており、長らく日本のゲーム業界を牽引してきたが、近年は業績がやや低迷。
9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス 家庭用ゲーム、オンラインゲームのソフト製作・配信・販売や、関連書籍の出版を行う。「ドラゴンクエスト」シリーズを手掛けたエニックスと、「ファイナルファンタジー」シリーズで有名なスクウェアの合併により誕生。
9766 コナミ アミューズメント機器やゲームソフトの製造・販売や、フィットネスクラブの運営を行う。米・豪でカジノ機器ビジネスも手掛けるなど、多角的に事業を展開。
9697 カプコン アーケードゲーム、家庭用ゲームの開発・販売を行うゲームメーカー。「ストリートファイター」シリーズや「モンスターハンター」シリーズなど、数多くのヒット作を生み出している。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら