食品業界(製造・卸等)M&A情報

食品業界(製造・卸等)とは(定義)

食品業界とは、食料品の供給を行う産業の総称であり、食品の加工産業のみならず、素材供給産業としての農業・水産業や、流通産業としての卸売業なども含まれると考えられます。食品業界に属する各事業者の役割は、食品の生産・加工・流通の各段階において、食品の品質と安全性を保持しつつ、その安定的かつ効率的な市場への供給維持に寄与する事と言えます。

(業界団体):
 ・一般社団法人日本加工食品卸協会
 ・一般社団法人日本冷凍食品協会
 ・公益社団法人 日本食肉市場卸売協会
 ・社団法人・全国中央市場水産卸協会
 ・一般社団法人 全国青果卸売市場協会
 ・一般社団法人 日本パン工業会

食品業界基本情報:(経済産業省「工業統計調査」の情報参照)

・業界規模は32兆8936億円
・前年比成長率 -2%

(数値は全て平成24年度のもの)

食品業界の現状と動向:

食品業界は、生活必需品を取り扱うことから、景気動向にあまり左右されない業界だと言われてきました。しかし、近年では少子高齢化に伴う人口減少や、消費者の節約志向の高まりから、食品業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。
 国内市場では、低価格競争が激しさを増す中、各企業は資材の共同調達や共同配達の推進の他、生産拠点の集約や商品数の絞り込みなどのコスト対策に乗り出しています。しかし、国内市場中心の事業展開では高コストの抜本的な解決は難しく、少子高齢化により国内市場の縮小が見込まれる事もあり、成長市場を求めてアジアを中心とした海外進出の動きが積極化しています。市場拡大の可能性を秘めた海外市場に販路を求め、現地法人の買収や、合弁事業の立ち上げといった海外展開をみせる企業もあります。
 また、市場シェアの上昇や生産合理化を目標としたM&Aも増加しています。特に、食料品卸業界では企業再編が加速しており、総合商社主導によるグループ内再編を中心とした、経営資源の一元化、合理化・効率化による収益拡大を目指す動きが見られます。さらに、中堅・中小の卸売業者はその存続をかけて、大手企業へのグループ入りを図る動きが予想されるため、今後ともM&Aによる業界再編の流れは続くものと考えられます。

食品業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.9.10 ウィンザー・クオリティ・ホールディングス 味の素 味の素(東京)は、米国の冷凍食品事業会社ウィンザー・クオリティ・ホールディングス発行済株式の100%を取得。
2014.7.2 コノプコ (ユニリーバ子会社) ミツカン ホールディングス ミツカンホールディングス(愛知)は、ユニリーバ社傘下の米コノプコ社からパスタソースブランドを約2,000億円で買収。
2014.5.29 おやつカンパニー カーライル・グループ スナック菓子の販売・製造を行うおやつカンパニー(三重)は、米投資ファンド大手のカーライル・グループとの戦略的業務資本提携を発表。
2013.12.25 アヲハタ キユーピー キユーピー(東京)は、同社の持分法適用会社であるアヲハタ(広島)をTOBにより買収。
2013.10.23 麦の穂ホールディングス (アント・キャピタル・パートナーズ投資先) 永谷園 永谷園(東京都)は、シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」を擁する麦の穂ホールディングス(大阪府)の全株式を、同社の投資先であるアント・キャピタル・パートナーズから取得し、買収した。
2013.9.10 グラクソ・スミスクライン サントリー食品 インターナショナル 清涼飲料大手のサントリー食品インターナショナル(東京都)は、イギリスの大手製薬会社グラクソ・スミスクラインの清涼飲料事業を約2,100億円で買収。欧州での事業基盤の強化、新興国での事業拡大を推進。
2013.5.28 グランパ カゴメ カゴメ(東京都)は、農業ベンチャーのグランパ(横浜)に約3億円の出資を行い、資本参加する。
2013.4.24 シーフードコネクションホールディング マルハニチロ水産 マルハニチロホールディングス傘下のマルハニチロ水産(東京都)は、シーフードコネクションホールディング(オランダ)を買収。欧州での販売強化が目的。
2013.3.1 メアリーズ・ゴーン・クラッカーズ 亀田製菓 亀田製菓(新潟県)は、菓子製造販売のメアリーズ・ゴーン・クラッカーズ(カリフォルニア)を買収。

食品業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
1301 極洋 水産品の開発輸入、買い付けの主力。すしネタに強み。加工食品は業務用が軸。海外加工比率が高い。
1332 日本水産 水産品に特化した食品会社を志向。家庭用冷食で成功。M&Aを活用し世界的なSCM網構築を目指す。
1334 マロハニチロ ホールディングス 水産最大手。国内に強固な流通網。三国間取引推進。マルハとニチロが統合し加工食品を拡大中。
1378 雪国まいたけ マイタケでシェア過半。国内は新潟集中。中国で合弁生産。米国でも12月4月稼働。
2001 日本製粉 製粉界最高参、業界2位。加工食品やバイオ関連など多角的に業務展開。中国市場開拓にも注力。
2116 日新製糖 独立系上位。カップ印。家庭用が主体。大日本明治・東日本と生産統合。スポーツクラブ運営も。
2206 江崎グリコ チョコ、スナックなどの菓子メーカー大手。乳製品、畜産品にも強み。
2212 山崎製パン 製パン業最大手。全国展開の先駆。子会社でコンビニや菓子も展開。
2269 明治ホールディングス 菓子類、牛乳・乳製品の製造販売。食品メーカーとして国内屈指の規模。
2282 日本ハム ハム・ソーセージ製造のトップ企業。生産・飼育から処理・加工、製造、物流、販売までを一貫して自社グループで行う。
2802       味の素 調味料国内最大手。アミノ酸技術で医薬、飼料など多面展開。
2809 キューピー マヨネーズなどの調味料を主力とする食品メーカー。化粧品や医薬品の原料となる機能性素材も展開。
2871 ニチレイ 冷凍食品を中心とする加工食品の販売。
2897 日清食品ホールディングス インスタント食品、チルド食品などの製造販売。ユニークな商品開発とマーケティングに強み。
2899 永谷園 お茶漬け海苔、ふりかけ、味噌汁等の製造販売を行う食品メーカー。近年、積極的なM&Aによる新規事業参入や海外進出を展開。
7451 三菱食品 加工食品を主な取扱商品とした食品分野専門商社。食品卸売業では国内首位。主な取引先はイトーヨーカドー、イオン、ローソンなど。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて