物流・倉庫業M&A情報

物流・倉庫業とは(定義)

物流・倉庫業界は、輸送や配送サービスを提供する輸送業と、保管サービスをする倉庫業に分けられます。さらに輸送業は、陸運(トラック、鉄道)、海運(船)、空運(飛行機)に分離されます。倉庫業は設備によって、普通倉庫と冷蔵倉庫に大別されます。


(業界団体):
・一般社団法人 全日本トラック協会
 ・一般社団法人 日本船主協会
 ・一般社団法人 航空貨物運送協会
 ・一般社団法人 日本倉庫協会
 ・一般社団法人 日本冷蔵倉庫協会

物流・倉庫業界基本情報:(「最新 業界地図 2015年版」の情報参照)

業界規模:12兆1,870億円(物流業、倉庫業合計)
前年比伸び率:13.3%

(数値は全て平成25年度のもの)

物流・倉庫業界の現状と動向:

陸運業および倉庫業に関しては、国内の景気回復とネット通販の拡大などを受けて徐々に業績を上げていると言えます。しかし、今後の国内での需要低下を見越して、海外の新興国などへ進出し日本の物流システムの普及を図る企業も現れています。
海運業に関しては、先進国の景気回復に伴い、欧米向けのコンテナ船などで荷動きが活発になるなど、海運需要自体は拡大しつつありますが、荷主である他業界の動向や、世界経済の影響を受けやすい性質から、引き続きコストの削減に注力をしなければならない状況が続いています。

物流・倉庫業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.10.14 - - ファーストリテイリング(東京都)は、大和ハウス工業(大阪府)と共同で、ファーストリテイリング専用物流倉庫を建設する。また、両社共同出資による物流事業会社を設立し、顧客の多様なニーズに対応できる多機能物流拠点を中心とした新たな物流スキームの構築を目指す。
2014.07.31 ランテック センコー センコー(大阪府)は、ランテック(福岡県)と資本業務提携を締結し、ランテックの取締役の過半数を派遣すると同時に、同社株式47.7%を取得し連結子会社化する。ランテックは定温物流の全国ネットワークを構築している。両社のノウハウを一体化し、国内外で事業基盤の拡大を図る。
2014.05.12 イヌイ倉庫 乾汽船 イヌイ倉庫と乾汽船は10月1日付で経営統合すると発表した。イヌイ倉庫を存続会社として、乾汽船を吸収合併する。倉庫と海運業の連携をテコとして高品質な国際輸送サービスを提供できる体制を目指す。
2013.10.24 パナソニック・トレーディングサービス・ジャパン 近鉄エクスプレス 近鉄エクスプレス(東京都)は、パナソニックからパナソニックトレーディングサービスジャパン(大阪府)の株式65%を取得し、来年4月を目処に子会社化する。
2013.06.27 CDS 日立物流 日立物流(東京都)は、香港の物流会社CDS社の株式を85%譲受け、傘下に納めた。
2013.06.24 神港パレットサービス 兵機海運 兵機海運(東京都)は、神港パレットサービス(神戸市)が会社分割(新設分割)によって設立するシンパ(神戸市)の全株式を取得し、7月1日付で子会社化する。
2013.06.06 ウェブジスティクス 楽天 楽天(東京)は、米国の物流会社ウェブジスティクスの全株式を取得し、完全子会社化する。米国での出店店舗向けに総合フルフィルメントサービスを提供できる体制を構築する。

物流・倉庫業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 日本郵便 郵便事業の運営と郵便局の運営を行う。
非上場 SGホールディングス 宅急便国内シェア第2位の佐川急便を擁する。近年、海外の物流企業の買収を推し進めている。
非上場 ニチレイ 冷凍食品を中心とする加工食品の販売会社、ニチレイのグループ会社。冷蔵倉庫業界国内首位。
9062 日本通運 総合物流企業国内最大手。業界唯一の災害対策基本法における指定公共機関。
9064 ヤマトホールディングス 宅配便シェアナンバーワンである宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つ。大都市間での当日配送を行うための取り組みを現在展開中。
9086 日立物流 日立グループの物流会社。物流事業を「システム物流事業」と称し、単なる保管・輸送だけに留まらない物流システム全体の構築・運営を請け負う事業を主力としている。
9101 日本郵船 日本の大手3大海運会社の一つであり、最大手。陸運や空運も手掛ける。
9103 商船三井 連結純利益及び時価総額で国内首位。船体規模は世界一と言われる。
9107 川崎汽船 大手3大海運会社の中では、比較的コンテナ船への依存率が高い。資源輸送や自動車輸送にも注力。
9301 三菱倉庫 倉庫業界最大手。港湾運送や国際輸送に加えて、不動産事業も展開する。
9375 近鉄エクスプレス 海外31カ国・209都市・357拠点を誇る、日本の大手国際総合物流企業。特に中国を拠点に、積極的に事業展開を見せている。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて