広告事業M&A情報

広告事業とは(定義)

広告業界とは、主に新聞・テレビ・雑誌・ラジオなどのメディアの広告枠を扱う総合広告代理店と、インターネット広告などのデジタルメディアを取り扱うインターネット広告代理店の2種類の業態を持つ企業で構成される業界です。
 総合広告代理店は、電通と博報堂の大手2社が市場を牽引する存在となっています。一方、インターネット広告代理店は、スマートフォンの急激な普及やソーシャルメディアの台頭により、市場に参入する企業も増え、その存在感を高めています。


(業界団体):
・社団法人日本広告業協会
・公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会

広告業界基本情報:(「最新 業界地図2015年版」の情報参照)

業界規模:約5兆9,762億円
前年比伸び率:1.4%

(数値は全て平成25年度のもの)

広告業界の現状と動向:

アベノミクスによる景気の回復傾向と消費税増税の駆け込み需要により、総広告費・広告枠ともに販売数の増加を見せましたが、その内訳をみると、広告業界の現状と課題が見え隠れします。広告代理店にとって、従来までの利益源であった新聞・雑誌・ラジオの広告費は軒並み減少。代わって、インターネット広告と衛星メディア関連の広告費が増加するなど、業界内での収益源に変化が見られます。こうした状況下で、著しい成長を見せているインターネット広告業界では、ビッグデータを活用したターゲッティング効果の高い運用型広告が堅調で、データマーケティングの重要性が増しています。
インターネットでニュースを読む人が増えたことや、ブロードバンドの普及により動画のストリーミング配信環境が整備されたことで新興メディアが台頭する一方で、テレビの存在感が従来よりも薄まってきたことなど、こうしたメディア界の構造転換にあわせて、広告業界もその対応が急務となっていると言えます。

広告業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.11.25 - -  サイバーエージェント(東京都)は、エイベックス・デジタルとの折半出資による新会社を設立し、新たなサブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスの開発・運営を行う。
2014.10.09 ビヨンド オルトプラス ソーシャルゲームを主要事業とするオルトプラス(東京都)は、ビヨンド(同上)のスマートフォン向け広告事業「BEAD」を譲受ける。
2014.08.15 クリムゾン・ルーム 電通 電通の海外本社、電通イージス・ネットワークは、南アフリカの広告会社クリムゾン・ルーム社の株式60%を同社株主から取得すると発表した。
2014.08.06 ハル・プロデュースセンター 日宣 中堅広告会社の日宣(東京都)は、大阪市に本社を置く広告会社ハル・プロデュースセンターの全株式を取得し、完全子会社化した。
2014.07.28 マイルストーン 電通 電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、インド最大の屋外/交通広告専門の広告会社であるマイルストーンの株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大し完全子会社化するオプションを電通グループが有することをマイルストーンの株主と合意した
2014.05.28 MKTG 電通 電通(東京都)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」傘下の米国イージス・ライフスタイル社を通して、世界最大の広告市場である米国で顧客による関心が高まっているエクスペリエンシャル・マーケティングに強みを持つ総合マーケティング会社、MKTGと、同社株式100%取得に向けた買収手続きを開始することにつき合意した。
2014.05.14 フィフティー・フォー・メディア 電通 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、カザフスタンの広告会社グループ「Fifty Four Media LLP」の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、同社株主と合意した。
2014.05.12 f.m.m 光通信 光通信(東京都)は、株式会社f.m.m(同上)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定した。
2014.05.08 シアーズ メディアフラッグ メディアフラッグ(東京都)とシアーズ(同上)は、メディアフラッグがシアーズの発行済株式34.32%を取得するための株式譲渡契約、並びに残り65.68%を取得するためのメディアフラッグを株式交換完全親会社、シアーズを株式交換完全子会社とする株式交換契約を締結した。
2014.05.01 NBS 電通 電通の海外本社、電通イージス・ネットワークは、ブラジルの総合広告会社NBSの株式70%取得と、今後株式持分のシェアを拡大し完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意した。
2014.04.17 トキオ・ゲッツ イーブックイニシアティブジャパン インターネット上の書店運営を行うイーブックイニシアティブジャパン(東京都)は、株式取得及び第三者割当増資の引き受けにより、エンターテイメント分野の広告プロモーションを展開するトキオ・ゲッツ(同上)を連結子会社化すると発表した。
2014.03.14 ユーアンドユー ゲンダイAG パチンコホール向け広告事業主力のゲンダイエージェンシー (東京都)は、健康食品等通販業向け広告に強みを持つユーアンドユー(同上)の全株式を取得し、子会社化した。
2014.03.04 レ・モビリザーズ 電通 電通の海外本社、電通イージス・ネットワークは、フランスのモバイルエージェンシー、レ・モビリザーズ社の株式100%を同社株主から取得することで合意した。
2014.02.28 エクスプリード 電通 電通の海外本社、電通イージス・ネットワークは、ドイツのデジタルマーケティング・エージェンシー、エクスプリード社の株式100%を同社株主から取得することで合意した。 

広告業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 JR東日本企画 JR東日本グループの広告代理店。駅や車両にてメディア展開を行う。
非上場 東急エージェンシー 東急グループの広告代理店。同グループによる屋外メディア展開に強み。
2389 オプト インターネットマーケティング支援企業。電通グループの一社。
2433 博報堂DYホールディングス 広告業界国内第二位の総合広告代理店。ユニークな社内ベンチャー制度を採用するなどで話題に。
4281
(ジャスダック)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 博報堂DYホールディングスの子会社である、インターネット広告代理店。スマートフォン向け広告の拡大により増収を果たしている。
4293
(ジャスダック)
セプテーニ・ホールディングス ネットマーケティング事業を中心に、メディアコンテンツ事業、その他様々な事業を手掛ける子会社を統括する純粋持株会社。フェイスブックなどのソーシャルメディアに注力。
4324 電通 広告代理店としては単体では世界で最大の売り上げ規模を誇る、名実ともに日本最大の広告代理店。近年は海外事業の展開を積極的に行っている。
4751 サイバーエージェント インターネット広告代理店事業と、Amebaブログ関連事業を展開。スマートフォン関連での売り上げが好調。
9747 アサツー ディ・ケイ 広告業界国内第3位の総合広告代理店。イギリスのWPPグループ、中国の新華社などと業務提携関係にある。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら