警備保障業M&A情報

警備保障業とは(定義)

警備保障業は、建物入口にセンサーを設置して緊急時に警備員が駆けつける機械警備、警備員を常時配置する常駐警備、運搬・輸送警備などの業態に区別することができます。

(業界団体):
 ・社団法人全国警備業協会

警備保障業界基本情報:(「最新 業界地図 2015年版」の情報参照)

業界規模:3兆2662億円
前年比伸び率:2.1%
    
(数値は全て平成25年度のもの)

警備保障業界の現状と動向:

セコムと綜合警備保障の大手2社で、市場規模の約2割を占め、その他は地域の中小企業という構成です。異業種からの参入も近年は増えていることから、警備保障業界は活発な動きを見せていると言えます。
 ここ数年は事業所向け、家庭向け警備共に業績は堅調な推移を辿っています。今後は、高齢者を対象にしたサービスに更なる需要が見込まれるほか、中国や東南アジアを中心とした海外進出の動きも活発になるとみられます。

警備保障業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.11.13 日本キャリアサービス セントラル警備保障 セントラル警備保障(東京都)は、UDトラックス(埼玉県)から日本キャリアサービス(同上)の全株式を取得し、12月31日付けで子会社化する。埼玉県内での警備事業の拡大を図る狙い。
2014.10.10 HCM 綜合警備保障 綜合警備保障(東京都)は、在宅介護事業を中心に展開するHCM(同上)の全株式を取得し、子会社化した。
2014.09.25 HOPE セントラル警備保障 セントラル警備保障(東京都)は、長野県内を中心に機械警備による警備保障サービス等を展開するHOPE(長野県)の発行済み株式の51.0%を取得し、子会社化した。
2014.04.09 日本ビルメンテナンス 総合警備保障 綜合警備保障(東京都)は、日本ビルメンテナンス(同上)の発行済み株式の77.1%を取得し、子会社化した。
2013.12.26 ジャパンロードサービス 足利建機産業 建設建機販売の足利建機産業(栃木県)は、埼玉県の警備会社ジャパンロードサービス(埼玉県)を買収、完全子会社化した。足利建機産業は、今回の取引を通じて、業容の拡大を目指す。
2013.11.05 アサヒガード トスネット トスネット(東京都)は、アサヒガード(福島県)の全株式を取得し、子会社化した。同種企業の取り込みにより、県内の警備事業を強化する狙い。
2013.07.24 日産クリエイティブサービス 綜合警備保障 綜合警備保障(東京都)は、日産自動車の100%子会社である日産クリエイティブサービス(神奈川県)のセキュリティ事業・及びビルメンテナンス事業を譲り受けた。

警備保障業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 全日警 高層ビルや官公庁、駅や空港などの警備を行う警備会社。JR東海と企業提携している。
非上場 アサヒセキュリティ 現金・貴重品等の運搬警備を行う警備業者。豊田自動織機の子会社。
非上場 大阪ガスセキュリティサービス 大阪ガス系列の警備会社。近畿圏を中心に展開。
非上場 東京工事警備 関電工グループ。交通誘導警備に強み。
2331 綜合警備保障 「ALSOK」のコーポレートブランドで警備事業を展開。金融機関の警備に強み。
4754
(ジャスダック)
トスネット 建設現場やイベント警備などが主力事業。セコムと資本提携を結んでいる。
9686 東洋テック 主に機械警備やビル管理を中心とした警備事業を行う。セコムと資本提携を結んでいる。
9735 セコム 警備サービス国内首位。海外進出も積極的に行っている。
9740 セントラル警備保障 ガードマン派遣による常駐警備を特徴とする警備会社。JR東日本などと提携関係にある。
9787 イオンディライト イオングループの警備会社。ビル管理に加え、警備も請け負う。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて