旅行代理店・ホテル・宿泊施設業M&A情報

旅行代理店・ホテル・宿泊施設業とは(定義)

旅行業界に属する企業は、海外、国内のパック旅行、乗車券の手配など、業務の範囲によって第一種から第三種旅行業者と、旅行業者代理業者に分かれます。店舗型の旅行代理店が一般的ですが、近年は店舗を持たない、インターネット専業の旅行代理店が急成長を見せています。
 ホテル・旅館等の宿泊施設は、旅館業法により、ホテル、旅館、簡易宿所、下宿の4種類に分けられ、それぞれ施設基準が定められています。中でもホテルは、「御三家」と呼ばれる帝国ホテル、ニュー・オータニ、ホテルオークラを筆頭に、不動産系列や鉄道系列のホテルがしのぎを削っています。

(業界団体):
・一般社団法人 日本ホテル協会
・一般社団法人 国際観光旅館連盟
・一般社団法人 日本観光旅館連盟

旅行代理店・ホテル・宿泊施設業界基本情報:(「最新 業界地図 2015年版」の情報参照)

業界規模:6兆4855億円
前年比伸び率:3.6%

(数値はすべて平成25年度のもの)

旅行代理店・ホテル・宿泊施設業界の現状と動向:

円安やビザ緩和などの政策により、訪日外国人の数が1000万人を突破するなど、業界を通じて明るい見通しが立てられています。さらに、2020年の東京オリンピック開催が決定するなど、今後も好況は続くものとみられます。外国人観光客の取り込みをいかにして行うかが、今後の業界全体の課題と言えそうです。

旅行代理店・ホテル・宿泊施設業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.10.09 ザ・カハラ・ホテル&リゾート リゾートトラスト リゾートトラスト(東京都)は、ハワイの子会社を通じて、米国ハワイ州の高級リゾートホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」を取得した。
2014.10.02 日本旅行 ヒト・コミュニケーションズ ヒト・コミュニケーションズ (東京都)は、JR西日本グループの日本旅行(同上)の完全子会社であり、観光人材サービスを運営するジャッツ(同上)の株式65%を取得し、子会社化した。
2014.03.19 ダイナスティ JTB JTBは、シンガポールの大手旅行会社ダイナスティ・トラベル・インターナショナルを買収した。訪日旅行を含むレジャー事業を強化する狙い。
2014.03.19 タイムデザイン カカクコム カカクコム(東京都)は、旅行事業の強化を図るため、航空券付宿泊予約システムのASP「ツアービルダー」などの開発・提供を行うタイムデザイン(同上)を子会社化した。
2013.08.01 トップツアー 東武鉄道 東武鉄道(東京都)は、トップツアー(同上)の持株会社の全株式を取得し、子会社化した。本買収により、シナジー効果による観光事業の一層の強化を目指す。

旅行代理店・ホテル・宿泊施設業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 JTB 旅行業界では日本最大、かつ、世界有数の事業規模を有する企業。旅行業以外にも、ホテル・不動産・金融・情報サービスなど、様々な事業を展開している。
非上場 日本旅行 日本最初の旅行会社で、西日本旅客鉄道(JR西日本)の連結子会社。国内旅行に強み。
非上場 近畿日本ツーリスト 主に学校・企業・自治体などを顧客とする団体旅行の運営を中心に行う企業。
非上場 ホテルオークラ 日本の老舗ホテルである「ホテルオークラ」を運営。
2450 一休 高級ホテル・高級旅館専門の予約サイト「一休.com」を運営する会社。
4681 リゾートトラスト 会員制リゾートホテルや、シティホテルなどを運営する企業。国内におけるリゾート会員権のシェアはトップ。
9024 西武ホールディングス 鉄道会社、ホテル、球団などの複数のレジャー業種を展開するグループ。
9042 阪急阪神ホールディングス グループ子会社を複数有しており、旅行・運送業および、ホテル業や不動産事業など、多岐にわたって事業を展開する。
9603 エイチ・アイ・エス 海外旅行および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社。海外旅行の取り扱いが中心。
9722 藤田観光 ホテルや結婚式、レジャー事業を行う企業。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら