医療・メディカル・ヘルスケアM&A情報

医療・メディカル・ヘルスケアとは(定義)

医療・メディカル・ヘルスケア業界は、多様な業種・分野の企業により構成されますが、ここでは「医療業」「医薬品産業」「医療機器産業」の3つの業種に分けて定義します。
「医療業」とは、医師または歯科医師等が患者に対して医業を行なう事業、およびこれに直接関連するサービスを提供する事業の総称です。これらのサービスを提供する施設(病院、診療所)の運営を行う法人が、医療法人です。
「医薬品産業」とは、認可医薬品を開発・生産・販売する一連の産業を指します。
「医療機器産業」とは、「人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等」である医療機器を開発・製造・販売する一連の産業を指します。

(業界団体):
 ・一般社団法人日本病院会
 ・公益社団法人全日本病院協会
 ・日本製薬団体連合会
 ・日本製薬工業協会
 ・日本医療機器産業連合会

医療・メディカル・ヘルスケア業界の現状と動向:

現在、医療・メディカル・ヘルスケア業界の市場規模は10兆円を超えるともいわれ、これは世界でも第2位という非常に大きな市場規模となります。国内市場は今後、高齢化社会の本格的な到来によって、医療・医薬に対する関心が更なる高まりを見せると考えられます。市場の活性化と、世論の関心の高まりが、医療分野の技術革新や産業の活性化を生み、高水準かつ安定的な成長が期待されている業界といえます。 

一方で、前述のような超高齢化社会を迎えるにあたって、日本の医療・メディカル・ヘルスケア業界がクリアしなければならない問題も多く残されているのが現状です。

国家レベルでの医療制度改革の遅れは深刻といえます。増え続ける患者数と医療費の金額に反比例するかのように、その源泉となるべき健康保険料の支払額は年々減少しているため、この国の医療制度は崩壊の危機にあるといっても過言ではありません。医師不足も深刻で、特に地方の医療現場は対策が急務といえます。

また、医薬品業界に関していえば、1990年代後半に販売が開始された大型医薬品が2010年前後に次々に特許切れとなるいわゆる「2010年問題」、また、国内外における医療制度改革による医療費削減の流れも新薬メーカーにとって逆風となり、国内企業のみならず外資系医薬品メーカーを含め、生き残りを賭けた大型買収・再編が加速しています。

医療・メディカル・ヘルスケア業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.10.30 J-TEC 富士フイルム 富士フィルム(東京都)は、再生医療品を手掛けるグループ会社、J‐TEC(愛知県)の新株予約権を行使し、持株比率を高めることで同社を連結子会社とした。
2014.10.16 ユーグレナ 武田薬品 武田薬品工業(大阪府)は、バイオベンチャーのユーグレナ(東京都)との間で新製品の開発を共同で検討する包括的提携契約を締結した。
2014.09.29 アンビット・バイオサイエンス 第一三共 第一三共(東京都)は、第一三共が新たに設立する子会社を通じて、アメリカのバイオベンチャー企業、アンビット・バイオサイエンス社を、全株式取得により買収した。
2014.08.12 マツモトキヨシホールディングス アルフレッサ マツモトキヨシホールディングス(千葉県)は、グループ会社が手掛ける大衆薬の卸売事業を、アルフレッサヘルスケア(東京都)に売却した。
2014.07.11 アルキメデス 協和発酵キリン 協和発酵キリン(東京都)は、イギリスの子会社プロストラカンが、同国の医薬品販売会社アルキメデスを買収したと発表した。
2014.06.17 アテコ・ファーマ・エジプト 大塚製薬 大塚ホールディングス株式会社の子会社であるエジプト大塚製薬株式会社は、エジプトの輸液製造販売会社のアテコ・ファーマ・エジプト社の持分の80%を取得し、子会社化した。
2014.06.11 メドライク 明治ホールディングス 明治ホールディングスのグループ会社である明治製菓ファルマは、インドを拠点とする医薬品メーカーのメドライクの全株式を取得、子会社化した。
2014/04/07 ランバクシー・ラボラトリー サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ インドの製薬大手サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは、第一三共のインド子会社ランバクシー・ラボラトリーズを株式交換方式で買収した。これにより同国最大の製薬会社が誕生。
2014.03.14 アーテリアル・リモデリング・テクノロジーズ テルモ テルモ(東京都)は、フランスで医療器具開発を手がけるベンチャー企業、アーテリアル・リモデリング・テクノロジーズ社の独占買収権を取得した。
2014.02.04 篠原化学薬品 アルフレッサホールディングス 医薬品卸首位のアルフレッサ(東京都) は、4月1日を効力発生日とする株式交換により、四国で診断薬卸売事業を展開する篠原化学薬品(高知県)を完全子会社化する。
2013.07.26 パナソニックヘルスケア コニカミノルタ パナソニック(大阪府)は、同社の完全子会社で、医療機器を手掛けるパナソニックヘルスケアの超音波診断機事業を、コニカミノルタ(東京都)に売却した。

医療・メディカル・ヘルスケア業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 中央医科グループ 日本国内最大級の病院経営・医療事業グループ。同族経営による3グループの連合体であり、関東を拠点に大規模運営を行っている。
非上場 済生会 全国で病院や診療所などの医療機関、老人や障害者などの福祉施設を開設・運営している。
非上場 徳洲会 医療法人徳洲会を中心とし、西日本を拠点に展開する日本最大の医療グループ。
非上場 ファイザー 世界第一位の米国の製薬会社、ファイザーの日本法人。
非上場 メディセオ 医療用医薬品等の卸売事業を行う、業界最大手の企業。
4502 武田薬品工業 売上国内首位に位置する製薬会社。海外での売上収益が高い点が特徴。
4503 アステラス製薬 山之内製薬と藤沢薬品工業合併して発足。
4543 テルモ 医療用機器の製造・販売会社。特に、カテーテルや人工心肺装置などの心臓・血管領域商品群では世界でも高いシェアを持つ。
4568 第一三共 三共株式会社と第一製薬株式会社とが経営統合して発足。
4578 大塚ホールディングス 医薬品メーカー大手の大塚製薬を傘下に持つ持株会社。
8086 ニプロ 医療機器、医薬品、ガラス製品の製造販売の運営を行っている。人工腎臓透析器で世界第二位。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら

BOOKS

  • M&Aコンサルティングの実務

    ゼロからM&Aコンサルティング会社を立ち上げた経験とノウハウを余さず公開

  • M&Aによる事業再生の実務

    経営危機企業再生の生命線となるスポンサー探索・選定のすべて