化粧品M&A情報

化粧品とは(定義)

化粧品とは、薬事法で、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう」と定義づけられています。ただし、医薬品及び医薬部外品は除くとされています。一般的には、メイクアップ化粧品、基礎化粧品、石鹸、シャンプー、ヘアトニックなどが該当すると考えられます。
化粧品業界とは、上記の分野の製品を取り扱う企業で構成される業界をいいます。また、これらの企業の販売形態も様々であり、自社が販売店を持つ形態、訪問販売を主体とする形態、卸業者を経由して出荷する形態、通信販売を主とする形態などがあります。


(業界団体):
 ・日本化粧品工業連合会
 ・全国化粧品小売協同組合連合会
 ・日本輸入化粧品協会

化粧品業界基本情報:(http://www.yano.co.jp/press/press.php/001170の情報参照)

業界規模:2兆2900億円
前年比伸び率:0.8%

(数値は全て平成24年のもの)

化粧品業界の現状と動向:

原油価格の高騰による原材料の値上がり、消費者の低価格志向などの影響もあり、国内の売上高は全体的に落ち込んでいます。そんな中で、男性向けの化粧品市場はこの数年で大きな増加を見せており、市場の更なる拡大が期待されています。
 国内市場の飽和化を見据えた動きとして、海外進出を積極的に図る企業も見られます。また、富士フィルムやサントリーといった異業種からの業界参入の動きもあり、競争は激しさを増しています。こうした中で、海外の企業を買収するクロスボーダー案件や、自社の不足チャネルを補うための買収など、M&A実施の機会は増えていくと想定されます。

化粧品業界の近年の主なM&A取引履歴:

取引日 売り手 買い手 備考
2014.06.01 サイエンスボーテ フェヴリナホールディングス フェヴリナホールディングスは、株式交換により、化粧品通販事業を展開するサイエンスボーテを完全子会社化した。
2014.03.17 タルト コーセー コーセー(東京都)は、アメリカの化粧品メーカー、タルトを買収。海外事業の拡大を図る。
2014.02.20 資生堂 ロレアル 資生堂(東京都)は、ロレアル(フランス)に対し、フランスの子会社2社を売却により譲渡した。売却したのは、「カリタ」ブランドのカリタ社と、「デクレオール」を手掛けるフィバル社の2社。
2013.08.01 日本リレント化粧品 健康コーポレーション 健康コーポレーション(東京都)は、日本リレント化粧品の発行済み全株式を取得し、完全子会社化した。
2013.06.21 ジュジュ化粧品 小林製薬 小林製薬(大阪府)は、ジュジュ化粧品(神奈川県)の化粧品事業を買収。全株式を取得し、連結子会社化した。

化粧品業界の主要企業一覧:

証券コード 企業名 特徴
非上場 日本メナード化粧品 化粧品・医薬部外品・健康食品の製造・販売メーカー。訪問販売を主な販売形態とする。
非上場 ユニリーバ・ジャパン 洗剤、ヘアケア製品等を展開するユニリーバの日本法人。主なブランドに、「Lux」「Dove」などがある。
非上場 ディーエイチシー 化粧品、サプリメント(健康食品)の製造・販売。通信販売事業において最大手企業に成長。
非上場 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)社の日本における子会社。世界最大の一般消費財メーカーであり、化粧品分野の主なブランドとしては「マックス ファクター」や「SK-Ⅱ」が挙げられる。
非上場 日本ロレアル 仏ロレアル社の日本法人。化粧品、ヘアカラー、スキンケア分野が事業の中心。主なブランドに、「ランコム」「メイベリン」「シュウ ウエムラ」など。
4452 花王 日本を代表する日用品メーカー。化粧品分野としては、「ソフィーナ」「エスト」などの自社ブランドを有し、原料から自社で生産を行うほか、子会社にカネボウ化粧品なども持っている。
4911 資生堂 化粧品業界国内首位。主なブランドに、「エリクシール」「インテグレート」「マキアージュ」「ウーノ」など。
4917 マンダム ヘアフォームを中心とした男性用化粧品において国内トップのシェアを誇る。主なブランドに、「ギャツビー」「ルシード」など。
4921 ファンケル 化粧品および健康食品メーカー。化粧品に関しては、創業以来、無添加にこだわり続けている。
4922 コーセー 口紅やファンデーションを主力商品とする。主なブランドに、「エスプリーク」「ヴィセ」「雪肌精」などがある。
4924 ドクターシーラボ 「アクアコラーゲン」を主成分とした基礎化粧品を中心として健康食品や美容機器等を取り扱っている。
4927 ポーラ・オルビスホールディングス 主に婦人用の化粧品の製造・販売を行う企業。訪問販売分野で国内首位。
4928 ノエビアホールディングス 訪問販売や通信販売を主たる販売経路とする化粧品会社、ノエビアを子会社に持つ。

売却をお考えの企業様へ

上記業種での売却を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②事業承継、事業再生、税金対策に関わるサービスをワンストップでご提供いたします。
③国内外の買い手候補が多数登録していますので、早期に成約が可能です。
④専門家で構成されており、実績が豊富です。
⑤会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)

買収をお考えの企業様へ

*掲載されている案件以外にも登録案件がございますのでお問い合わせください。
*大好評をいただいている弊社独自の「売り案件発掘サービス(実費のみ)」もあります。

上記業種での買収を考えられている企業様は個別に、お問い合わせフォーム又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aの特徴

①完全成功報酬ベースでご対応いたします。
②クロースボーダーM&A(国外案件)のネットワークワーク組織「GLOBALSCOPE」
のメンバーに加盟しておりますので海外案件も対応可能です。
③専門家で構成されており、実績が豊富です。
④会計事務所が母体ですので安心してご相談ください(情報漏えいのご心配なし)
⑤事業承継、組織再編、事業再生を得意としていますのでユニークな案件が豊富です。

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら