• HOME
  • M&A最新記事
  • ウィン・パートナーズ子会社、秋田県の医療機器販売 大沢商事を買収

ウィン・パートナーズ子会社、秋田県の医療機器販売 大沢商事を買収

2017年8月24日
医療機器販売のウィン・パートナーズ【3183】は、
連結子会社であるテスコが、秋田県の医療機器販売の大沢商事の全株式(同社が保有する自己株式を除く)を取得すると発表した。
取得価格は、12億5千万円。

ウィン・パートナーズグループは、
「すべての人にベター・クオリティ・オブ・ライフを提供し、豊かな社会の実現に貢献します。」という企業理念の下、
M&Aによる業容拡大を経営目標の一つに掲げている。

大沢商事は、秋田県を中心に医療機器販売業を展開しており、
東北エリアで事業展開するテスコと地理的補完関係にある。
本件株式取得により、ウィン・パートナーズグループの東北エリアの顧客基盤強化及び事業規模拡大を図っていく。


(2017/8/24 M&Aタイムス http://ma-times.jp/53317.html)

お問い合わせフォーム

セミナー・イベント情報

無料相談会実施中

メルマガ登録

業界別M&A情報

M&Aライブラリ

GLOBALSCOPE

かえでファイナンシャルアドバイザリーは世界的M&Aアドバイザリー組織GLOBALSCOPEの
日本代表ファームです

GLOBALSCOPEの最新Annual Bookのダウンロードはこちら