• HOME
  • M&A最新記事
  • イード、デジタルコンテンツ事業のピースオブケイクに出資

イード、デジタルコンテンツ事業のピースオブケイクに出資

2017年2月2日
コンテンツマーケティング事業のイード【6038】は、
「cakes(ケイクス)」「note(ノート)」などのデジタルコンテンツ事業を行うピースオブケイクの第三者割当増資を引き受け、
資本業務提携を行ったと発表した。

ピースオブケイクは「デジタルコンテンツの未来を切り拓く」を掲げ、
クリエイターが活躍できる市場をネット上に構築することを目指している。

具体的には、週150円で読める有料のデジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」や、
ユーザーが直接自分の文章、漫画、音楽、動画などのコンテンツを販売できるC2Cコンテンツプラットフォーム「note」を運営し、
クリエイター自身がコンテンツを発表し、収益化するための場作りを進めている。

一方イードでは、数多くのメディア運営を通じ、コンテンツを多くの読者に提供すると共に、
コンテンツマーケティングの実施支援、ECソリューションの「marble(マーブル)」、リサーチソリューションなど企業向けのマーケティング事業を展開してきた。

イードでは、今回のピースオブケイクへの出資および協業により、
C2Cコマースの仕組みづくりなど実施し連携を強化していくとしている。

(2017/2/2 M&Aタイムス http://ma-times.jp/48881.html)