• HOME
  • M&A最新記事
  • インサイト、アライドアーキテクツと資本・業務提携 アジア地域を対象にしたSNSマーケティング強化

インサイト、アライドアーキテクツと資本・業務提携 アジア地域を対象にしたSNSマーケティング強化

2017年1月23日
広告代理店のインサイト【2172】は、
SNSを活用したデジタルマーケティング事業を手掛けるアライドアーキテクツ【6081】との間で資本・業務提携を行うと発表した。

アライドアーキテクツは、国内最大規模のSNSマーケティング専業会社として、
約4,000社以上の大手メーカー企業などに向けてSNSを活用した販売促進・広告宣伝を支援する多様なサービスを提供している。
また中国・東南アジアに向けたSNSマーケティ ングの知見・実績も有しており、
日本から海外マーケットへチャレンジする企業のSNS活用に関する包括的支援を強みとしている。

インサイトは主に北海道内のクライアント企業にむけて広告戦略及び販促物等の企画・制作等、
トータルな広告・プロモーションを提供する総合広告会社である。
また、札幌圏に特化した独自のマーケティングリサーチシステム「インサーチ(INSEARCH®)」を展開し、
「生活者の声」に基づいた広告宣伝の企画・実施を行ってきた。

加えて昨年6月より新たなサービスとして日本オラクル社のクラウド型システムを使用してSNS等のビッグデータを分析し
北海道の観光資源を発掘する「インサイトプラス」を開始し、
SNSを活用した国内外でのデジタルマーケティング事業のさらなる強化を目指している。

今回、アライドアーキテクツと本提携を行うことで、
北海道エリアにおけるSNSを活用した新たな広告サービスの企画立案・プロモーション支援の他、
中国をはじめとするアジア地域を対象にしたSNSマーケティングも強化し、
国内企業のインバウンド集客・ 海外展開支援のニーズにも積極的に対応していく考え。

(2017/1/23 M&Aタイムス http://ma-times.jp/48270.html)